高校生一日看護師体験

8月7日(火)県央地域の高校生が一日看護師体験に来院されました。

新潟県看護協会主催において、当院には県央地域の高校生6名が一日看護師体験に来院されました。 始めに看護師長から看護の基本を学び、そして入院病棟での体験実習となりました。 実習中、看護師さんのポケットの七つ道具に皆さん「エー」。 筆記用具、ハサミ、ペンライト、サージカルテープ、瞳孔スケール、駆血帯等々。 研修の後半はお姉さん看護師をモデルに聴診器を使ってお互いの血圧測定を行いました。 看護体験が終わって「思っていたより体力が必要。」「患者さんの着替えを手伝い有難うと言われ感激しました。」「看護師さんの動きがカッコよくみえました。」等感想が述べられました。 短い時間でしたが今回の体験がこれからの目標に向かっての糧になればと思います。

  • 「患者さんとは笑顔での会話が第一です」

  • 「血管音が聞こえますか。」「はい」

  • 「MRI装置は強力な磁石です」

このページの上へ