年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
地域の皆様に新年のご挨拶を申し上げます。

去年の6月院長に就任し、半年が過ぎましたが、お陰様で当院も新しい年を迎えることができました。昨年3月、東北地方の太平洋側を中心とした東日本大震災が発生、巨大地震と大津波、更に福島原子力発電所の放射能事故、そして7月には新潟・福島豪雨による浸水被害など大きな災害が続きました。

今年は災害のない平和な年であることを祈っております。

現在この県央地域において、救命救急センターをつくる話が進んでおります。

当院は基本的には社会医療法人としての使命を果たし、本年も救急医療を主体とした診療体制で地域社会に貢献してまいりたいと存じます。

地域医療に貢献するために当院が取り組まねばならないことはたくさんあります。

これからも職員一同、鋭意努力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。


平成24年1月

社会医療法人 三之町病院 院長  森 宏

Happy New Year!
We would like to give New Year's greeting to everyone.

Became the President last June, six months has already passed, and fortunately we can also celebrated the New Year. Last March, the earthquake occurred with a focus on eastern side of the northeastern Pacific Ocean, a huge earthquake and tsunami, on top of this the radiation accidents in nuclear power plants in Fukushima, and in July continued with a major disaster such as flood damage due to heavy rainfall in Niigata and Fukushima.

This year we hope to be a peaceful year with no accidents or disaster.

Currently, this region is planning to make a Critical Care Center for the Central Province.

And also for this year, we will basically fulfill its mission as a corporate social care, and medical systems that contribute to the community in emergency medicine.

There are lots of thing shall be addressed in order to contribute to local healthcare.

In the future, we will continue to work diligently. Thank you very much.

January, 2012

Social Care Corporation Sannocho Hospital
Director

Hiroshi Mori

このページの上へ