先輩スタッフからのメッセージ

回復期リハビリテーション病棟での業務について教えて下さい
当院では、主に脳卒中の患者様が多く、その方々に対して、早期の退院ができるよう、歩行訓練や日常生活動作訓練など退院に必要な動作の獲得を目指してリハビリを行っています。回復期リハビリテーション病棟では、特にリハビリが必要な患者様が多いので、その方々の生活環境に応じたリハビリを日々提供できるように行っています。
山岸さんが日々の業務で心がけていることは何ですか?
患者様との信頼関係です。リハビリはセラピストと患者様と1対1で行うものですので、信頼関係は非常に重要です。そのため、リハビリ中も笑顔で、楽しくリハビリを行ってもらえるように心がけています。
この度新しく開設された病棟に対しての今後の意気込みを教えて下さい
今回、新しく5階病棟も回復期リハビリテーション病棟として開設することとなりました。新しく開設した病棟ですが、病棟スタッフは仲が良く、チームワークも良いと思います。患者様にとっては不安の多い入院生活ですが、その不安をなるべく取り除き、笑顔で楽しく過ごせるような病棟にできるよう、微力ながら日々努力していきたいと思います。
※2014年12月取材・撮影

このページの上へ