診療科目

血管外科

診療内容・専門分野・対象疾患
本邦では男女ともに超高齢化社会となり、血管疾患を発症する方も増加傾向にあります。 特に糖尿病、透析治療は、末梢血管疾患を合併する事も多く、ますます血管疾患への対応が必要となっています。 当院では、2021年4月から血管外科専門の常勤医が赴任、このたび血管外科外来を開設しました。 血管外科が扱う対象は、まさに全身の血管です。 特に当院では、四肢含めた末梢の血管に対して専門的に治療を行っています。
血管外科の病気
当院で治療を行う病気は、 閉塞性動脈硬化症(足の動脈硬化)
急性動脈閉塞症(足の動脈の閉塞)
下肢静脈瘤
深部静脈血栓症
また、経過観察・精査を希望であれば各種大動脈瘤なども外来検査などは可能です。

さらに、足の病気においては、長期間の集学的な治療(外科、内科、看護のケア)が必要となります。
昨今では、そのような足のトータルなケアとして、「フットケア」があげられています。
足の病気に対して様々な治療(手術、保存的治療、入院治療など)によるアプローチを行いながら、治療にあたることが可能です。
閉塞性動脈硬化症
一般的には、足の動脈硬化によっておこる病気です。
歩行時の足の痛みから始まり、足の色調不良、冷感、足先からの壊死に至ることがあります。 糖尿病、透析治療中の方は、本疾患を患うリスクは高くなります。
足の症状などが出ている場合には、簡易的な検査(ABI、下肢血管超音波検査)から始まり、造影CT、血管造影、手術(外科手術や、カテーテル治療など)を必要とする場合もあります。
当院では、外科的治療、カテーテル治療のどちらにも対応しています。
急性動脈閉塞症
突然、足の痛み、冷感などが出現する病気です。
心臓の不整脈などで、血の塊(血栓)が出現、下肢の動脈を閉塞する病気です。
本疾患は、急激な下肢の血流不良に伴い、下肢の激痛など症状がでてきます。
発症後、なるべく早く血流を再開しないと、場合によっては下肢の切断に至ることもあります。
下肢静脈瘤
下肢静脈瘤は、足の血管がぼこぼこしていることで気が付くことが多い病気です。
一般的に女性に多く、血管のぼこぼこ以外にも、足のむくみ、だるさ、こむら返りなどの症状を引き起こします。
また、静脈瘤を放置していると、最終的には皮膚の色調変化、潰瘍病変などに発展することもあります。
治療方法は、以前は悪くなった静脈を抜去するストリッピングと呼ばれる手術がメインでしたが、2011年から本邦で血管内焼灼術(レーザー治療)が保険治療となって以降は、主流となっています。
当院では、インテグラル社のElvesレーザーを採用、治療を行っています。

また、小さな表面の静脈瘤(蜘蛛の巣、網の目など)に対しては、硬化療法による治療を行っています。
深部静脈血栓症
俗にエコノミー症候群とも呼ばれる病気です。
長期間の安静などで、下肢の静脈内に血の塊(血栓)が生じることで、下肢の腫脹、疼痛などが出現します。
また、血の塊(血栓)が肺の動脈を閉塞させる肺塞栓を発症した場合には、命に係わることもあります。
当院では、まず血栓の状態を検査を行い(造影CT、下肢US)、必要あれば入院加療なども行っています。
フットケア外来
閉塞性動脈硬化症や下肢静脈瘤によって、足の傷(潰瘍病変など)ができることがあります。 その際に、入院治療は必要がないが、定期的に足の観察、創部の処置が必要となることも多いです。
定期的に足の状態を観察しながら、適切な創部処置を行うことで、入院を行わなくても、足の傷が良くなることも多く、フットケア外来として定期的に足の治療、経過観察を行っています。
特色
血管外科は、手術、カテーテル治療などの観血的治療から、保存的治療、外来通院での投薬治療など内科治療も合わせて行っています。 また、患者の全身状態や、社会的背景などを考慮しながら治療内容を決定していきます。 特に、下肢病変に対して総合的にアプローチするため、血管疾患に限らずフットケアとして、足全般に対しても積極的な検査、治療を行っていきます。
スタッフ
常勤医師 1名
百川 文健

このページの上へ