診療科目

脳神経内科

診療内容・専門分野・対象疾患
脳神経内科とは脳や神経や筋肉の病気をみる内科です。

物忘れ・頭痛・目まい・耳鳴り・ふるえ・歩けない・しびれ ・力が入らない・転ぶ・喋りが悪い、などの症状について 診療しています。

「神経」とは命令を伝達する電線やケーブルのような働 きをするものとお考えください。脳は神経のたくさん集ま ったものです。神経と神経はリレーのバトンのように命 令を伝えます。脊髄は神経の束のようなものです。脊髄 からさらにたくさんの神経の枝が出て目にも口にも耳に も舌にも手にも足にも内臓にも筋肉にも心臓にも血管 にも命令は伝わります。また逆に、冷たい痛いなどの 感覚も、地面を踏みしめた感じも、階段を昇るときの つま先の向きも、聞こえた言葉も、読んだ文字も、体の 各地から神経という道を通って脳に届きます。

「神経」は、血液が来なくなると侵されます。変形した骨 に押されると侵されます。栄養が悪いと侵されます。 さまざまなホルモンの異常で侵されます。細菌やウィル スで侵されます。お酒を飲みすぎると侵されます。血糖 値が高すぎると侵されます。塩分のバランスがくずれて も侵されます。神経と神経のリレーも侵されます。癌が できても遠くの神経が侵されます。腎臓や肝臓が悪くて も侵されます。体内に神経の敵となる物質が現れるこ ともあります。未知の原因でも侵されます。
特色
当院の脳神経内科では、患者様のお話を聞き、診察と検 査(MRI、CT、神経伝導検査、血液検査、脳波検査、 認知症の検査など)で、脳・神経の「どこ」に悪い場所が あるのか、「なぜ」そうなったのかを調べて治療方針をた て、治療やアドバイスをさせていただきます。必要に応 じて他の科とも連携いたします。
スタッフ
常勤医師 1名
斎藤 豊
非常勤医師 2名

このページの上へ